PRIMERA JAPAN

ラベルシールの作成・印刷・カットまで一台で完結する世界初のプリンター!LX610

2022.08.29
  • コラム
  • 業務用ラベルプリンターLX610はこんな人・企業におすすめ

    オリジナルデザインのラベルを印刷でき、自由自在な自動カッティング機能を併せ持つLX610は、印刷外注費を抑えながら商品価値を高めたいスモールビジネスの強い味方です。

    具体的にはどんな人や企業に向いているでしょうか。よく寄せられるお客様の声をピックアップしながらご紹介していきます。

    他社製品とはひと味違う、オリジナルのラベルシールを作りたい

    LX610は、競合他社との差別化を図り、戦略的商品開発を効率化させたい個人事業主・中小企業・起業家の方々に特におすすめです。

    外注では画一的になりがちなラベルも、独自のデザインを施すことで世界に一つだけのものに仕上がり、ブランドのイメージアップが実現します。

     

    小ロット・多品種のラベルシールを作りたい

    外注印刷では部数や納期を自由に指定できず、思いがけず時間とコストがかかったり、余剰在庫が発生するとスペースの確保にも悩まされたりしますよね。

    さらに、色違いやデザイン違いで多品種を作るとなるとオプション費用もかかってしまいます。

    そこで活用したいのが、小ロット・多品種のラベルシールづくりのニーズにぴったりマッチするLX610です。必要な枚数や種類を1枚からすぐに印刷できるから、コストとスペースの無駄が大幅に削減できます。

    また、商品情報に変更が生じた都度、臨機応変にラベルのデザインを変えられるのも頼もしいポイントです。

     

    季節商品のラベルシールを作りたい

    旬の食材を使用した食品やファッション雑貨など、少量生産の期間限定商品の商品ラベルも少ロットから臨機応変に作成できます。

    さらに、毎年販売する商品にその年のシーズンならではのトレンドカラーやフォルムを取り入れることで、より訴求力の高いパッケージとなり、流行に敏感な消費者の購買意欲を高められるでしょう。

     

    展示場やイベント会場でシールを配布したい

    幅345mm、奥行き432mm、高さ242mmで重さわずか5.7kgというコンパクトなボディは、小さなオフィスでも場所を取らず、イベント会場への持ち込みでも最大限のパフォーマンスを発揮します。

    例えば、展示会で自社のロゴやキャッチコピー、イメージキャラクターなどをあしらった販促シールをその場で印刷・配布することにより、ブースへの集客アップも期待できます。

    また、市販のうちわや除菌ウェットティッシュなどにラベルを貼るだけで、オリジナリティのあるノベルティグッズ制作が完成しますよ。


    業務用ラベルプリンターLX610のここがすごい

    業務用と言っても、LX610を使用する際、難しい知識は一切必要ありません。一般的な家庭用プリンターと同じスキャニングヘッドを搭載したLX610の操作方法はとてもシンプル。誰でも簡単に扱える、ユーザーフレンドリーなプリンターでもあるのです。

    その他の優れたポイントをまとめてみました。

    おしゃれな形に印刷・カットできる

    LX610最大の特長は、思い通りの形に切り抜いてくれる自動カッティング機能です。丸や四角のみならず、商品や自社ロゴを型どったりなど任意のデザインを自由に切り抜くことができ、ラベルのデザインパターンが無限大に広がります。

    少数・多種のラベルシールの作成が可能

    「色々な種類のシールをちょっとずつ作りたい!」という時も、枚数やデザインの枠に縛られず、1枚から自由に作成できます。オフィスや店舗にLX610が一台あれば、新製品やメニューなどのサンプルづくりも気軽に試せます。

    綺麗な画質で高品質のラベルができる

    業界初の高画質印刷(最大解像度4800dpi)とフルカラー印刷(CMYインク)により、写真レベルの仕上がりを実現しました。印刷後にカットするから、印字ズレのない高品質なラベルがその場で完成します。

    10種以上の用紙で使い分け可能

    専用ロール紙は現在10種類をラインナップ。マット/光沢/透明/和紙など多彩な種類から、用途に合った用紙が選べます。


    業務用ラベルプリンターLX610の導入実績

    LX610を導入している企業は、どのようにラベルプリンターを活用しているでしょうか。実際の事例を、3つご紹介します。

    アイスやジェラートカップのラベルシールとして

    無農薬野菜や果物を生産する千葉県の農園「Cat Berry 成田」では、小ロット・複数フレーバーの自家製ジェラートカップ・ドリップコーヒーのパック・スコーンのパッケージにLX610が活用されています。カッター付きのLX610が1台あれば、このように商品それぞれ違う形とデザインのラベルを、小ロットで作成できるようになります。

    結露しやすいジェラートカップのラベル作成には、耐水性のある「ロール 光沢PP」と「顔料インク」をセレクト。水分でラベルがふやける心配も生じません。

     

    クラフトビールやオリジナルワインボトルのラベルシールとして

    最後に、千葉県の銘酒専門店「いずみや」の導入事例をご紹介します。

    父の日や誕生日のお祝いにぴったりなプレゼントといえば、ビールですよね。そのボトルにオリジナルラベルを貼ることで、世界に一つしかない、想いが伝わるビールが完成します。
    店舗の事務所で作成したオリジナルラベルつきの飲料販売は好調な伸びを記録、売り上げが前年比20%と大幅にアップしたそうです。

    ロット数や納期にとわられず、受注ベースでラベルシールを作成できるLX610は、個人経営店の頼もしいパートナーになります。

    業務用ラベルプリンターLX610の価格

    カッター付きインクジェットラベルプリンター「LX610」 の価格は、下記の通りです。メーカー直販ならではのサポートも充実しています。

    本体価格

    価格帯は3種類を用意。届いてすぐに使いたい場合は、「スターターセット」または「ロール紙6種セット」を。用紙をじっくり選びたい場合は、「単体」をセレクトいただくことをおすすめします。

    LX610 スターターセット ¥435,000(税込 478,500 円)

    [同梱品] ACアダプター/USBケーブル/ブレードカッター ×1個/インクカートリッジカバー ×1個/染料インク ×1個/PTC PRO/光沢紙またはマット紙 ×2ロール

    LX610 単体 ¥420,000(税込 462,000 円)

    [同梱品] ACアダプター/USBケーブル/ブレードカッター ×1個/インクカートリッジカバー ×1個/染料インク ×1個

    LX610 ロール紙6種セット¥500,000(税込 550,000 円)

    [同梱品] ACアダプター/USBケーブル/ブレードカッター ×1個/インクカートリッジカバー ×1個/染料インク ×1個/顔料インク×1個/PTC PRO/光沢PP ×1ロール/マットPP ×1ロール/透明PET ×1ロール/金PET ×1ロール/銀PET ×1ロール/和紙 ×1ロール

    ラベルやシールを作るコスト比較

    今まで外注していたラベルやステッカーが1枚から作れるようになることで、コスト面で大きなメリットが生まれます。
    特に多品種・小ロットでの作成時に、80×80㎜シールの場合は1枚あたり21円、50×50㎜シールの場合は1枚あたり3円と、大幅なコストカットが実現します。 

    80×80㎜シールの場合
    50×50㎜シールの場合

    ※ラベルのコストはデザイン・サイズ・ロール紙・インクにより異なり、上記数値は概算となります。


    業務用ラベルプリンターLX610でのラベルシールを作成する方法

    LX610は、取り込んだファイルから複雑なデザインの外形を読み込み、自動的にカットデータとして認識します。また、Adobe Illustrator(TM)やCanvaなど外部で作成したデータを取り込み、カットデータとして指定することも可能です。

    ラベルデザインは腕の見せどころ!

    しかし、「デザインセンスに自信がない」「社内にグラフィックデザイナーがいない」とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。そのような場合は、誰でも簡単に使える無料のグラフィックデザインツール「Canva」や、Primera Japan提供のデザイン作成支援サービスを利用するのが近道です。

    ラベルデザインを用意

    ラベルを作るには、まずはデザインが必要となります。
    以下に、LX610でラベルを印刷する際のデザイン作成方法を3つ紹介します。

    デザイン作成方法➀
    Illustratorでデザインを作成

    Adobe Illustrator(TM)は、Adobe社製のグラフィックデザインツール(ドローソフト)です。初めて使う場合は基礎知識が必要になりますが、使いこなせばプロ顔負けのデザインを作ることも可能です。

    デザイン作成方法➁
    Canvaでデザインを作成

    Illustratorのような細かい操作は使わずに、凝ったデザインを作成したい方におすすめなのが、「Canva」です。
    おしゃれなテンプレートやフォントが豊富で、画像の挿入や文字入れが簡単に行えます。

    デザイン作成方法➂
    デザインは受託も可能!

    自社でデザインを用意することが難しい場合は、デザイン作成支援サービスをご利用いただけます。

    作成後のデザインを受け取った後は、データファイルを開き、印刷ボタンを押していただくだけでラベルを作成できる、最も手間のかからないデザイン方法です。

    デザイン作成支援サービスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお気軽にお寄せください。

    専用ソフトPTCreateに取り込み

    デザインが完成したら、下記の手順で専用デザイン作成ソフト「PTCreate Pro」にデータを取り込みます。「PTCreate Pro」は、簡単操作で誰でも使える多機能なソフトとなります。

    ※「PTCreate Pro」は有償です。

    ソフトをダウンロードする

    ソフトウェアダウンロードページ」より、「PTCreate Pro」をダウンロードしてください。

    ファイルを開く

    「新規作成」から印刷したいファイルを開きます。Illustrator・JPG・PNG・PDF等のファイルを利用できます。

    プリンターで印刷&カット

    デザインを作成し、「PTCreate Pro」にデータを取り込んだら、いよいよプリンターで印刷&カットを行います。

    カットラインを設定する

    カットラインを設定します。四角や丸などの基本的な形はもちろん、画像の外枠の形を認識してカットラインにすることもできます。あらかじめIllustratorなどで作成したカットラインを読み込むこともできます。

    プリントする

    「プリント」ボタンを押すと、プリント&カットが開始されます。


    業務用ラベルプリンターLX610の消耗品

    業務用ラベルプリンターLX610で使う消耗品を紹介します。

    消耗品➀インクカートリッジ

    インクカートリッジは全部で3種類をご用意。「染料」「顔料」または、より発色に優れた染料インク「Premium Black」からお選びいただけます。

    • 染料インク(Premium Black) ¥16,000 (税込 ¥17,600)
    • 染料インク ¥13,000 (税込 ¥14,300)
    • 顔料インク¥13,500(税込 ¥14,850)

    消耗品➁ラベル

    10種類のラベルを豊富にラインナップ。用途に応じて使い分けることが可能です。

    • ロール マット紙 ¥4,250(税込 ¥4,675)
    • ロール 光沢紙 ¥5,000(税込 ¥5,500)
    • ロール マットPP ¥7,000(税込 ¥7,700)
    • ロール 光沢PP ¥10,000(税込 ¥1,1000)
    • ロール LIMEXマット ¥9,000(税込 ¥9,900)
    • ロール LIMEX光沢紙 ¥12,500 (税込 ¥13,750)
    • ロール 金PET ¥10,000(税込 ¥1,1000)
    • ロール 銀PET ¥10,000(税込 ¥1,1000)
    • ロール 透明PET ¥10,000(税込 ¥1,1000)
    • ロール 和紙 ¥11,250(税込 ¥12,375)

    消耗品➂ハーフカット用ナイフ

    ラベル表面加工用ナイフです。5本単位での販売となります。

    • プロッターナイフ(5本入り) ¥13,000(税込 ¥14,300)

    消耗品➃カッティングマット

    LX610専用ラベル表面加工用ナイフのプロッター表面に対する傷防止マットです。

    • カッティングマット(10枚入り)¥8,000(税込 ¥8,800)

    業務用ラベルプリンターLX610のお問い合わせ

    カッティング機能を搭載した業務用ラベルプリンターLX610は、自社での戦略的商品開発を効率化し、小さなオフィスの誰もが簡単に操作できる優れものです。
    導入に際してご不明な点がございましたら、お気軽に下記のページよりお問い合わせください。