PRIMERA JAPAN

 

Cat Berry 成田 様

ジェラートカップに小ロット複数フレーバーのデザイン

事例
食品パッケージ(ジェラートカップ・スコーン・ドリップ珈琲パッケージ)
社名
Cat Berry 成田 様
使用端末
LX610
使用用紙
光沢PP
使用インク
顔料インク

千葉県にある農園「Cat Berry 成田」様(@catberry_narita)の活用事例をご紹介いたします。
Cat Berry 成田 では、カッター付きラベルプリンター「LX610」を活用して、ジェラート(アイスクリーム)カップ・ドリップ珈琲・スコーンなどの食品ラベルを作成していただいています。パッケージに合わせて自由なカッティングが可能なため、ジェラートカップのふた・カップ部分に、小ロットでフレーバーごとに異なるデザインを使用することができます。

事業内容

猫のいるブルーベリー農園

Cat Berry 成田は、ブルーベリーを中心に、パッションフルーツ・キウイ・かぼちゃなど様々な作物を無農薬で育てている農園です。

ご利用の用途

無農薬ブルーベリー農園の自家製ジェラートラベルに

この農園の作物を使って作られた、自家製ジェラートやパンキチ(@oic4.7)で販売されているスコーンのパッケージに、LX610をご活用いただいています。

特徴のあるデザインで他社との差別化を図り、商品に付加価値を与えたいと考えていたところ、小ロットで自由な形のラベルが作れるLX610と出会ったそうです。

ご導入のきっかけ

デザイナーデザインのラベルで商品に付加価値を

Cat Berry 成田は、その名のとおり、猫のいる農園です。農園のあらゆるところに猫ちゃんがいるうえ、看板や自動販売機もかわいい猫のデザイン!こちらは、デザイナーの松下カツミ(@katsumiartstudio)様のデザインです。

特徴のあるデザインで他社との差別化を図り、商品に付加価値を与えたいと考えていたところ、小ロットで自由な形のラベルが作れるLX610と出会ったそうです。

導入後のご感想

スコーン用ラベル・ドリップコーヒーのパッケージにも

LX610には自由にカットラインを設定できるカッターが付属しています。プリントだけでなく、自由自在に好きなかたちにカットできるため、全く種類の異なる商品にも展開して利用が可能です。

Cat Berry 成田様では、元々ジェラートカップへの利用を想定されていましたが、ドリップコーヒーのパックやスコーン用のラベルにも展開してご利用いただいています。